「スキンケア」カテゴリーアーカイブ

冬は乾燥の季節。カサカサお肌には保湿が大事!

冬は乾燥が気になる季節でよね。

私の肌も乾燥でつっぱったり、ひどい時には粉がふいたりします。

化粧ノリも悪くなるし、乾燥は様々な肌の老化現象につながります。

この乾燥どうにかしたいと思いいろいろと試した結果、たどり着いたものがあります。

それは、ローションパックです。

やり方を説明します。アスハダを3ヶ月間使った効果と口コミ評価!

コットンに化粧水を含ませて顔に貼ります。

3~5分後コットンを外し、そのコットンで軽くパッティングします。

たったこれだけ。

とても簡単にできます。

このローションパックにはポイントがあります。

それはたっぷりと化粧水を含ませることです。

たっぷりの化粧水が含まれているおかげでパックした後の肌がしっとり、もちもちになります。

使う化粧水は高いものを用意する必要はありません。

ドラッグストアなどで気軽に買えるもので十分です。

そのほうが気兼ねなくたっぷり使えます。

ローションパックが終わりパッティングまでやったら、仕上げに乳液や保湿クリームを塗ります。

肌の水分を逃さないためです。

このローションパック、夏場は冷やしてやるのがおすすめです。

パックをする前に化粧水を含ませたコットンを冷蔵庫で少しの間冷やしておきます。

ひんやりとした感触が気持ちよく、また、毛穴を引き締めてくれます。

夏場も日焼けによる乾燥があるので対策はしっかりとしていきたいです。

とても手軽にできるこのローションパックおすすめです。

年を重ねるとお肌の悩みは尽きない・・・

若いときはお肌の悩みなど一切ありませんでした。http://campusurbain.com/

それが年を重ねるごとに、お肌の悩みは増える一方。一番はじめに気になりだしたのが、シミ。

若いときに黒い小麦肌に憧れて、散々海で焼いた結果・・・。数十年後にはシミが出てきた。

後悔しても遅いけど、何かシミ対策はできないかと、いろいろ試してみました。シミ取り薬、飲み薬、そして

最終たどり着いたのがレーザー治療。一時的には綺麗になりますが、終わりなき戦い。治療はきりがないなと感じながら、

今はこれ以上シミを増やさない予防を徹底するようになりました。焼かない対策は、もちろん日焼け止め、日傘、運転するときの

アームカバー。この予防が数年後どれぐらい発揮してくれるのかは分かりませんが、今できることをコツコツとはじめています。

その次に気になりだしたのがたるみ、ほうれい線。若い頃には気にもしたことがなかった線が気になりだした。ボトックス治療などをする勇気はまだなく

何ができるかと思って試してみたのが、顔体操!お金をかけないお財布に優しい対策です。顔グセは誰もがあるため、日頃動かしていない筋肉を動かすと

じわっと顔中が熱くなるのを感じます。どれだけ効果があるのかは分かりませんが、いまできる予防をこれからもしていきたいです。

目じりのシワとそばかす

自分は、肌が人より白く子供の時からそばかすが多いのがコンプレックスでした。日焼けすると、すこしはましに見えるのですが、夏が終わり、冬になるとそばかすが気になり、正直、整形で、シミを含めて取れないかと考えてしまいます。

モイスポイントの効果を暴露!話題の人気アイクリームを使った私の口コミ!

ビタミンCを多くとるようにしたり、できるだけ日光に当たらないようにしたり、外にでるときは帽子と日焼け止めをぬるようにするのですが、なかなか有効な対策がありません。次にシワについてですが、年齢を重ねるとともに、特に笑いジワが気になるようになってきました。

あと目のクマもきになり、どちらもふけて見えます。高額な化粧水やクリーム、美容液も試したのですが、有効な対策とはなっておらず、加齢を感じる今日このごろです。特にロクシタンにはまった時期があり、最初は基本的な化粧水と乳液のセットのみだったのですが、ナイト用のクリームがでたり、目じり用のクリームがでたり、新しい商品がでる度についつい購入してしまいました。

一定の効果はあると思うのですが、やはり継続的に使用しないと効果はちゃんとはでないと感じました。今後は、規則正しい生活を目指し、決まった時間にバランスの取れた食事と質の良い睡眠を心掛けたい!

ガングロギャルの後悔

きれいなお肌は清潔感を表すのに大切なポイントです。

人の第一印象は顔とよく言います。

女性の化粧は時代によって流行があり、

トレンドによって「きれい」の見せ方が変わります。

ところで昔のトレンドに従った結果、

後悔している人も中にはいるようです。

今美白がもてはやされる中、

90年代から2000年代にガングロギャルだった世代の方で、

シミに悩む人が大勢いるという事です。

つかの間の青春で中年以降はずっとシミに悩まされるなんて

嫌ですよね。

しかし、個人差はあるものの、

同じ世代なのに全くシミがない方も多くいらっしゃいます。

彼女たちの何がこんなに違いを分けたのか調べてみると、

あることが分かりました。効果抜群?モイスポイントを目の下のたるみに使った私の口コミ

まず最もシミと関係があると言われているのが紫外線です。

ギャルたちは若いころ小麦色の肌を作るために、

日焼けをしまくったわけです。

ところがギャルファッションに興味がわかなかった方は、

若いころから日焼け止めクリームを使っていた方が多いそうです。

その他にも、

夜の街に繰り出してしまう子も多かったので、

生活習慣が崩れやすく、

肌のターンオーバーの効率を落としてしまう事もありますし、

当時20代だった方などは、

飲みに行った夜にそのまま酔いつぶれて濃いメイクのまま寝落ちしてしまう方も

いたため、

総合的に肌にダメージが蓄積し、

代謝が落ちる年齢になって一気に肌ダメージのしわ寄せがやってきた、

という方が多いのです。

メイクファッションのトレンドを見るときに注意が必要なのは、

メイクが10年や20年後に自分に対してどのような影響を与えるか考えた方がよさそうです。

人生100年時代を少しでも長くきれいでいられるように頑張りましょう。

マスクのせいでタルミ悪化?顔のタルミを改善するエクササイズ

コロナウィルスの蔓延のせいで、外出する時には必需品となったマスク。

「マスクのおかげでメイクしなくて楽」と油断していませんか?

マスクをしているとどうしても表情が乏しくなります。
その結果、顔のタルミが悪化しやすくなっています。

レナセルクリアセラム

「近頃、前に比べて顔のタルミがひどいかも?」
「法令線がくっきりしてきた気がする…」

もしかしたら、マスク生活の中で知らず知らずのうちに顔のタルミが悪化しているのかも!

今回はカンタンにできる、タルミ改善のエクササイズをご紹介します。

「ビックスマイルエクササイズ」

マスクをしていると、思いっきり笑顔を作りにくくいですよね。
笑顔は顔の表情筋を動かすので、タルミを解消するのに効果があります。

ずっとPCに向かって事務作業をしている人と接客業の人では、接客業の人の方が若々しい人が多いと思いませんか?

意識的に笑顔を作ると幸せホルモンも増加するともいわれています。
エクササイズをしながら、幸せホルモンも増加する「ビックスマイル!エクササイズ」の方法がこちらです。

1 口角をキュッと引き上げて、笑顔を作ります。口角だけでなく、ほほも引き上げるイメージで!
  ビックスマイルを意識して作りましょう。

2 ほほの位置を高くキープするために、ほほの下を親指で支えましょう。自然な呼吸をしながら10秒間そのままで。

3 親指を離して、口角とほほを引き上げた状態をあと5秒キープ。5秒たったら、そっと力を緩めましょう。

たったこれだけなのに、スッキリしませんか?

1日に何回、と目標を決めるのではなく「気が付いたらする」のがポイントです。

トイレで手を洗うついでやテレビを見ながらなど、気が付いた時にエクササイズをしてみてください。
マスクの下で下がっていた口角やほほも、キュッとひきしまることで顔全体のタルミも解消していきます。

顔のタルミが気になったら「ビックスマイルエクササイズ」をお試しください。

毛穴を絞った肌をコスメショップの店員さんに指摘されて正気を取り戻した話

思春期になってくると、気が付いたら顔に油が付いてくる。ヴィオテラスHSCセラム

肌の悩みのなかった私のはじめの皮膚トラブルは「毛穴の開き」だった。鼻の周りを中心に、いわゆる角栓が溜まりだしたのだ。鏡を見るたびにそのぼこぼこしたものが気になって仕方がない。横から見れば、うっすら産毛も生えている。それからというもの、学校から帰って鏡を見るたびに鼻をつまんで角栓を絞り出す生活が始まった。

それから3年後。友人と4人でいたときにたまたま化粧品売り場でスタッフさんにカウンセリングを受ける機会が来た。その時とてもショックを受けた。

「この中でね、一番かわいそうなのは、あなた!」と名指しされたからである。理由を聞くと、「開いてしまった毛穴の改善は非常に難しい」とのこと。

この出来事があった後、無理に毛穴を絞ることをやめることにした。はじめはそれをやめることができなかったが、1週間、1か月、と、開いた毛穴に対する執着も薄れたころ、何気なく毛穴をのぞき込むと、若干目立たなくなっているような気がした。それから5年以上たったが、子供のころのようなツルツルすべすべ とまではいかないが、少なくとも人に指摘されたり自分でも気になったりしないレベルまで改善していた。

あれこれ手を加えていた時よりも、毛穴の開きに関しては、ある程度ほったらかしにしておいたほうが良かった、という個人的なお話でした。

放置すると大変

私は現在28歳の男性。ニキビが初めてできたのは高校3年生の卒業のタイミングでした。

最初は男なんだしスキンケアなんて必要ないと思っていました。モイスポイント

しかしある日家族からひどい顔してるねと言われました。流石にまずいと思い、洗顔料を買いに薬局へ。肌に優しい、ニキビに効くという商品は殆ど試しました。

しかし一向に良くなる気配はなく1年、また1年と月日が経ちました。途中で皮膚科に行ったら言われましたが、ニキビで病院に通うなんて、、という無駄なプライドと恥ずかしさが邪魔をして頑なに病院へは行きませんでした。しかしその間大学やバイト先にはマスクを付けていくのは当たり前、それ故に顔が蒸れて擦れてニキビは悪化の一途をたどりついに就職活動を間近に控える年にまでなっていました。

親にも就職面接にその顔で行くのか?と言われ、ようやく意を決して皮膚科へ!抗生物質と塗り薬をもらい先生からもっと早くこればここまでならずにすんだと言われかなり落ち込みました。そこから定期的に皮膚科へ通うのと、毎晩野菜を多めに食べ、青汁を飲む生活を続けました。

今現在でようやくニキビの増殖は落ち着きだしてきたもののまだまだニキビの跡が消えてないところもあります。嫌なことから目はそらさずしっかりと向き合うことは、勉強や仕事だけでなくニキビという皮膚の病気にも言えることなんだなーと思い知らされました。

Zoomでショック!

私の肌の悩みです。10代、20代は、肌がきれいと褒められることが多く、肌に自信がありました。でも30代に入ってはやり年齢相応に肌の質も変わってきました。シミやしわ、たるみが徐々に出てきたのです。以前、テレビで「マスクをしているからといってスキンケアを怠っていませんか」という特集があり、ぎくりとしました。

FACEEリキッドセラムプラスの効果を徹底検証!購入して3ヶ月使用した私の口コミ体験談!

確かに、人と話す時にマスクをしているのが日常になると、スキンケアについて、つい油断してしまいます。しかし、先日、Zoom会議を体験したのですが、カメラに映った自分の顔にショック。たるみやしわがはっきりと分かり、自分の顔を映して話す時間がつらいものでした。それからは、お化粧して気合いを入れて部屋を明るくして…とZoomの前の準備をしっかりしています。

もちろん、肌のお手入れも、油断することなくするようになりました。日焼け対策、美白クリーム、パックなどを買い足し、しっかりお手入れするようにしています。テレビで紹介されていた、表情筋を鍛えるトレーニングも、隙間時間にやっています。人と会う時はマスクをするという新しい日常の中でも、きちんとスキンケアとお化粧をすることがとても大事だと感じました。

肌と内面の輝き

30代後半の専業主婦です。私は子供のころから色白もち肌で肌だけは褒められてきました。それに胡坐をかいたのかあまり気にしてこなかったので30代に入り今肌悩みに直面しています。まず一番気になるのがシミ。シミに関しては実は10代から頬に一つ直径1センチ程度のものがありました。

http://www.reteenafest.com/

でも若さゆえかあまり気になりませんでした。基本的にあまり鏡を見ない人間なので数か月おきに鏡をじっくり見るたびに顔にシミが増えていてギョッとします。頬より範囲は小さいものの目の周りに濃いシミが増えました。

今のケアとしては日中は日焼け止めやコンシーラーを塗る、美白効果のあるスキンケアをする。ビタミンが豊富なキウイを食べるなどをしています。でも気まぐれなのであまり効果が出ている実感はありません。

35歳を過ぎて気になってきたのはほうれい線です。原因として30歳を過ぎて矯正をして歯の形が変わった、いびきをかくので横向きで寝るようにした。家に一人でいる時間が多いので表情筋を動かさないなど加齢以外にも思い当たることがたくさんあります。

他にも家でゴロゴロしているので太ってしまいたるみがすごいです。

化粧品が合わないのかファンデーションを塗るとかさつきます。毛穴も気になります。といった具合に年齢とともに肌悩みは尽きなくなってきました。きっとこれまでは若さでごまかしていた部分が露出してきた結果だと思います。肌に自信が持てないと人に会うのが嫌になります。自信が持てなくなります。私の肌悩みは私の心や生活態度とも直結しているなと感じます。生活習慣や自分自身を改め肌年齢と実年齢にもっと自信が持てるようになりたいと思います。

30代になってから毛穴が粗い!シミやホクロも増えてきた…

私は現在34歳です。一番気になる肌の悩みは、

http://www.festivalcinemadarte.com/

・シミ

・大きな毛穴

です。

20代の時はキメ細かい肌で毛穴が綺麗だったのに、30代に近づくにつれて肌がゴワゴワしてきました。

シミやホクロも圧倒的に増えてきて、特にフェースラインによくできます。

●「毛穴が粗くなった」と言われ…

私はあまり自覚なかったのですが、同居している母と肌の話題になった時、私の肌は昔はもっとキメが細かかったのに、今粗くなってるとはっきり言われてしまいました。

その時から毛穴を気にするようになりました。

母は美容に詳しいので人の肌もよく見ていますし、手入れも完璧で私より肌がきれいだと思うほどです。

毛穴が大きく粗くなってきたのは年齢のせいだと思ってたのですが、母いわく、「はっきりいって手入れ不足!」と言われました…。

毎日洗顔して清潔にしていますが、保湿が足りない、使っている化粧品が合わないことも毛穴が広がる原因のようです。

今はニベアクリームをたっぷり使って保湿しています。

少しでもヒリヒリして肌荒れするコスメは使っていません。

相変わらずキメは前より粗いですが、乾燥しなくなってきたのは良かったです。

●シミを消したい

外に出る時日焼け止めやファンデーションをつけていくので、シミ対策はできてると思います。

だからシミができる原因は、老化現象か、中からくる原因かな~と個人的に考えています。

ビタミンCたっぷりのレモン水を飲んだり、直接レモンをシミにつけたこともありましたが、シミは全然薄くなりません。

美容外科にいかなくてもシミを薄くする方法が知りたいです。