放置すると大変

私は現在28歳の男性。ニキビが初めてできたのは高校3年生の卒業のタイミングでした。

最初は男なんだしスキンケアなんて必要ないと思っていました。モイスポイント

しかしある日家族からひどい顔してるねと言われました。流石にまずいと思い、洗顔料を買いに薬局へ。肌に優しい、ニキビに効くという商品は殆ど試しました。

しかし一向に良くなる気配はなく1年、また1年と月日が経ちました。途中で皮膚科に行ったら言われましたが、ニキビで病院に通うなんて、、という無駄なプライドと恥ずかしさが邪魔をして頑なに病院へは行きませんでした。しかしその間大学やバイト先にはマスクを付けていくのは当たり前、それ故に顔が蒸れて擦れてニキビは悪化の一途をたどりついに就職活動を間近に控える年にまでなっていました。

親にも就職面接にその顔で行くのか?と言われ、ようやく意を決して皮膚科へ!抗生物質と塗り薬をもらい先生からもっと早くこればここまでならずにすんだと言われかなり落ち込みました。そこから定期的に皮膚科へ通うのと、毎晩野菜を多めに食べ、青汁を飲む生活を続けました。

今現在でようやくニキビの増殖は落ち着きだしてきたもののまだまだニキビの跡が消えてないところもあります。嫌なことから目はそらさずしっかりと向き合うことは、勉強や仕事だけでなくニキビという皮膚の病気にも言えることなんだなーと思い知らされました。